《ホーム》

 

「性教育」の講師派遣

・性教育

・思春期の心とからだ

・高齢者の性

講演・講師依頼 はこちらから

   

小・中・高校生への出前授業…「性ってなに?」「命の誕生」「STD予防」

小・中・高校PTA講演会の講師派遣…「子どもの性があぶない!!」

子育てサークルでの学習会への講師派遣…「我が子に性が語れますか」

老人会・高齢者向け性教育講座…「高齢恋愛」「セックス抜きに老後を語れない」

企業での社員向け講座講師派遣…「性教育は今」「STD予防」「思春期の子と向き合う」

「我が子を性犯罪から守るために」「熟年夫婦」「老後の夫婦設計」など

研究所所在地図

営団地下鉄丸ノ内線新大塚駅下車徒歩5分

JR大塚駅下車徒歩15分

2006'学習会は終了いたしました。
“人間と性”教育研究所主催

開催日  2006年11月11日(土)
会場   “人間と性”教育研究所  

時間   13時〜17時

参加費  資料代として五〇〇円

学習会後総会

(1)「低学年の性教育」           発表者 河原 町子

(2)「思春期相談から見えてくる性」   発表者 佐藤 晴世

(3)「高齢期の性と生」          発表者 高柳 美知子

(1)性教育の現状はどうなのか?学校現場における実践を踏まえて現場からの報告を聞きます。

(2)性情報の氾濫の中で親と子の性をめぐる悩みはさまざまな問題を投げかけています。その実態に迫ります。

(3)高齢者の性と生について報告します。

高齢社会になってから起こってきた生殖の老化と性の渇望、この矛盾にどのように対処すべきか?

民間研究機関として“人間と性”教育研究所に求められている課題は何なのか?世俗的な性談義ではなく、科学的で未来志向的な学習会を行います。皆様からの活発なご意見をお願いします。

 

2005'性教育セミナーは終了しました

「人間と性」教育研究所セミナー
   2005年12月3日(土)
 10時〜16時45分
 ラパスホール

主催 「人間と性」教育研究所

豊島区南大塚2ー23ー10 東京労働会館7F
会費 (一般参加)2000円



(1)講座・性を考える    10時〜11時15分  
   『同性愛者たちの光と影』
         講師:南 定四郎
(2)講座・性教育の模擬授業  12時15分〜13時40分
   『いのちのはじまり』
         進行:金子 由美子 講師:河原 町子
(3)シンポジュウム・人権と性 13時50分〜15時50分
   『私の人権宣言』   
         司会:高柳 美知子

パネリスト :

         橋本 早苗(臨床心理士) 
         日暮 かおる(こころとからだの裁判原告団団長)
         保田 行雄(弁護士)


お申し込み
FAX=
03−3235−5071(南) 
03−3945ー0794(高柳)
郵便振替=
00160−1−171177 
”人間と性”教育研究所

人間と性”教育研究所主催

2004'性教育セミナーは終了しました 

 人間と性”教育研究所主催

2003'の性教育セミナーは終了いたしました。

                                                      

日 時     平成15年10月 25 日( 土 )

                     午後 1:00 〜5:00講演会

場 所   王子労政会館  3 階 第5会議室

JR京浜東北線王子駅北口西側徒歩 5分・地下鉄南北線王子駅 徒歩5分

性にからんだ子どもたちの事件が相次いで報じられています。ポルノ情報の子どもたちへの影響も看過できないところにきています。“時代と子どものニーズに応える科学・人権の性教育”は、いまや焦眉の課題。一方、一部の政治家やマスコミ、宗教団体などの性教育へのバッシングはますます勢いを強めています。このままでは、子どもの性についての親たちの懸念や不安は広がるばかり・・・。そこで今回、“男の性・男の子のからだ”にスポットをあて、専門の立場からのお話をうかがうとともに、いまなぜ、性教育攻撃なのかを考えあいたいと思います。ご参加をお待ちしています。

講演(1)男の子のからだ 〜男の性や性器の悩みに正面から向き合おう〜

講師   地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センターセンター長

     泌尿器科医師  岩室紳也 氏

子ども 100当番などによせられる男の子の悩みは、自慰や包茎に関することです。正しい性知識を学ぶ機会のないまま、子どもたちは自分はおかしいのではと不安になったり、自分はヘンタイではと悩んだりしています。医療を通して若者にどう接してきたか、大人がどうアドバイスすればよいのか、氏のお話から学んでいきたいと思います。
 
講演(2)男性と暴力 〜 わが子を加害者にしないために〜

講師   早稲田大学・カウンセラー/メンタルサービスセン ター代表

     カウンセラー  草柳 和之 氏

日本でDV加害男性の心理療法の分野をリードしてきた氏から、多発するDV(夫婦、恋人、親子という親しい関係で生じる男性からの暴力)の実態や原因、その背景などをじっくりうかがい、「男性と暴力」の根っこをきっちり捉え直してみませんか。

特別報告(3)いま、なぜ、性教育攻撃なのか〜その狙いと背景〜

報告者    元小学校教師 庄司 昌郎 氏
都教委は、性器・性交にふれて二次性徴・赤ちゃん誕生を教える教師は不適格教師、その授業に使った絵本や副読本、ビデオ、人形は「廃棄処分」との驚くべき措置を打ち出しました。「過激な性教育」「学習指導要領逸脱」との攻撃をご自身も受けた立場からの貴重な報告を聞いてください。

参加費     2000 円    ◇ 申し込み不要。直接会場へお越し下さい