"人間と性"懇談室5月例会 感想と報告

                                                    2018年5月9日

    旧優生保護法の問題点  

                   話題提供:青木 清

 

 ◎ 資料を含む報告と意見交換

 

● 優生保護法の二つの目的

 1 不良な子孫の出生を阻止する

 2 女性の保護。母体の保護。

 1を定めたことにより、障害を持つ者の出生を阻止しても良いことになった。つまり、子を産んで良い人と、ダメな人に分けた。

 遺伝性疾患の人への特例的な不妊手術、中絶の実施がされ、1948年の制定から1996年の「母体保護法」への改訂までに、16500件の強制手術が実施された。そのうち、60%は女性であった。

 平安時代から中絶はあった。経済的問題が中心で、女性がおろしたいことが中心であった。

 昭和11年以降は、堕胎が全て禁止された。人口減少は戦争にとって問題であることが理由。

 戦後は、中絶の自由が認められた。人口減少に対する葛藤は抱えていた。60年代〜70年代は現象に対する懸念が続いていた。

 生命倫理の視点からは、遺伝子組み換えなどは認められない。臓器移植が2000年からは本人の同意なしで可能になってきている。人間の生存のためには、医者に何をさせても良いのかどうかの問題がある。

 科学としては、性器を作ることも可能になるだろうから、倫理上の問題のみが残る。2000年以降は、胎児診断も可となり、障害を疑われる場合は、多くが中絶している。

 ・ 人権の問題、存在としての人権。生命倫理上の視点から考える。

 近代文明としての優生が出てきたが、実は曖昧。

 自己決定であること― 強制はなかったか。

 善を行うこと― 何を善とするか。立ち位置で異なり、曖昧になる。

 公正に行う― どう公正さを保つのか。

 平等である― 真に平等であるとはどういうことなのか。

 

・ なぜ子どもを産むのか。 

 労働力としての評価がその人の評価となる現実があるが、人間としての権利から考えれば、障害の有無にかかわらず、全ての人の権利であるはず。 

 水子にした子どもがいる。妻の母体保護という名目で理由を捏造して中絶した。本当の理由は、経済的状況によったのだが。その後、水子地蔵を作った。せめてもの気休めにはなった。 

 歴史的に見ると、農業が開始された後は、多産を褒めてきた。明治以降経済的理由で水子にした。供養することで、自分の辛さを解消していったのではないか。全国には何十万という水子地蔵が存在している。 

 水子供養は、罪の意識からではなく、生命に対する哀れさからではないか。必要だったからやったのではないか。後ろめたさを持つのは女性に多いのではないかと思う。宗教観を植えつけられているようにも感じる。

 昭和35年、中絶理由に経済的理由が加わった結果、年間20万件近くの中絶が行われている。中絶によって、人口減になっている。

 

● 保護法の改正に伴う変化

 母体保護法に改正された時、不良な子孫の出生に関わる条文を削除した。

 優生手術を不妊手術と変更した。

 強制手術と、相談所を廃止した。

 改正法は、国会審議なしで決められた。国家権力が勝手に決めた。こんにちの国会状況と似ている。

 

● これからにつながる問題点

 AIIPS細胞などがますます進んでいけば、性器の形成も可能になるかもしれない。神の領域に踏み込んでいる現状。

 結論を急ぐ現在の風潮は問題だと思う。結論を急ぐのは危ない。自己責任論にさせられてしまう。

 障害者は大変だが、社会保障のあり方によるのではないか。障害が個性になる社会ならば、産みやすくなるのではないか。

 教育基本法が改定され、道徳の教科化も進められた。教育のあり方が根底に有るのではないか。事実を事実として教える社会にしていく必要がある。

 生まれた障害児は世話するが、生まれずにすむならば生まれない方がいいのではないか。

 不妊手術をすれば、遺伝性疾患が減少すると考えられているのかもしれないが、統計的には減少しない。出生数の一定割合で必ず障害児が生まれる。