"人間と性"懇談室3月例会 感想と報告

                                                    2008年3月14日

    演劇に関わった二人の若い女性の死と性  

                   話題提供:細井 佳

● 「演劇に関わった二人の若い女性の死と性」(話題提供者コメント)

  入団からわずか4ヵ月で自死した“ゆか”(18歳−仮名)と、援助交際を繰り返し行い暴力団員から脅迫され ???た“たえこ”(23歳−仮名)、劇団代表として彼女達とどのように向き合い、受け止めたのか・・・

●「演劇に関わった二人の若い女性の死と性」について (感想)

                                             (青木 清)

 リストカットや援助交際、自分とは無縁と思えたことが現実に存在した時。その結果が自殺・失踪とつながっていく過程で立会った場合に何ができたか。

 満足な対応ができたのか?結果として追い詰めただけではなかったか?二人の若い劇団員にとって演劇とは?劇団代表の投げかけたこの疑問には答えはでなかった。

?バーチャルと現実の合間で揺れ動く人間の「死と性」で、いずれが逃避でいずれに存在をかけたのかは誰にも分からないことかもしれません。