"人間と性"懇談室2月例会 感想と報告

                                                    2008年2月15日

    我がうちなる酒鬼薔薇聖斗  

                   話題提供:中村昭三

「わが内なる酒鬼薔薇聖斗」に参加して

                                         Y・H (65歳)

 

人間誰しも神の心もあるけれど、邪悪あるいは淫らな心を持つという人間観・自省無しに性の問題は語れない。

私自身も成長期・青年期 あるいは現在でも、心の中にその両方の要素はある。

それが顕在化・行動化する環境・要因がたまたま無かっただけだ。

性について過ちを犯す人と犯さず生きてきた人の差は本当にわずか一枚の紙の如きものだ。

そんなことを考えさせてくれた研究会であった。