"人間と性"懇談室「くらしの中のジェンダー 」勉強会 感想と報告

                                                    2022年5月26日

         くらしの中のジェンンダー   

         テキスト「くらしのなかのジェンダー」 41〜45

          41 LGBTQにも浸透する 有害な男らしさと暴力

          42 「戦う少年」マンガに変化 今年の流行作品に見る

          43 「らしさ」の強調 必要か? 農業・農村の"女性活躍"

          44 弱い自分 見据えているか DV加害の男性

          45 想像力あればわかりあえる 男性を責めている?

                   

          

 ●  テキスト読みあわせと話し合い

 

41 LGBTQにも浸透する 有害な男らしさと暴力

 <差別反対の運動で、熱く語る男性たちが、何食わぬ顔で女性に性暴力やセクハラ、DVをするのに愕然とした。

 <男性がリードし女性が従うという恋愛、夫婦、セックスのカタチは、網の目のように張り巡らされ、シスヘテロにもLGBTQにも浸透している。

 <性別適合手術なしの性別変更を認めないジェンダー平等後進国の日本。

 

 

42 「戦う少年」マンガに変化 今年の流行作品に見る

 <男性キャラクターの助けを借りず、女性キャラクターのみで完結させている点で「呪術廻戦」もまた「戦う少年」マンガに新たな要素を加えている。

 <21年のマンガ界では女性が活躍する作品が多く見られた。

 <女性が活躍するフィクションとの乖離は進むばかりである。

 

 

43 「らしさ」の強調 必要か? 農業・農村の「女性活躍」

 <「女性の目線による細やかな気配りや対応」が評価されたり、農業経営への女性の参画が「女性の感性を活かす」点から推奨される。

 <女性の場合は、その人の経営手腕や努力の結果ではなく、「女性らしさ」と評価されてしまう。

 <農業経営を主導するのは男性で、女性はそこに「女性らしい感性」を付け加える程度であってほしい。

 <「女性らしい感性を活かした活躍」と持ち上げるのではなく、女性たちの足を踏んでいるものをのけさせることこそが、今目指すべきこと。

 

 

 44 弱い自分 見据えているか DV加害の男性

 <DVの本質は支配とコントロールだと知った。

 <主体を奪われるということこそが心的外傷を引き起こし、精神疾患を発症させることを学んだ。児童虐待、いじめ、職場のパワハラ、ヘイトスピーチなどが複雑性PTSDを引き起こすのも、同じ構造だ。

 <主体的に生きる力そのものが、そがれてしまう。

 <複雑性PTSDは、国際疾病分類第11版で、PTSDと区別して分類された。

 <生きる意欲の低下は、実は疾患によるものだと認められた。

 <加害者たちは惨めな自分の姿を見据えることができない。

 

 

 45 想像力あればわかりあえる 男性を責めている?

 <「ジェンダーやフェミニズムの本を読むのは女性ばかり」が定説だったが、最近は男性の読者も増えてきている。

 <「男性特権」は、その人の努力や苦労を否定するものではない。その属性を理由に差別される機会が少ないことが特権なのだ。