発刊

「人間と性」教育研究所ブックレット 第2巻

    熟年の性と生

惚れなおし 結びなおし

      著者 岩淵成子    A5版 60P 頒布価格 \500

 

もくじ(抜粋)

プロローグより

 人生には四季があります。生まれ育つ春のとき。社会的活動を伸ばし広げる夏のとき。活動の成果を刈り取る秋のとき。そして次代に成果を受け渡す冬のとき。・・・実り多い秋のとき・・・確かに「生殖の性」からは卒業でしょう。しかし、・・・これからが人間の特権である「文化としての性」を謳歌できるときです。・・・明るい未来を築くために「熟年の性」を考えて見たいと思います。

 

  以下の口座番号への振り込み確認後発送いたします。   

  00230−5−69340   加入者名:“人間と性”教育研究所

 

冊数と送金総額

 1冊    = \500+\140(送料)                

3冊まで= \500×冊数+\250(送料)

5冊まで= \500×冊数+\400(送料)

冊以上= \500×冊数(送料無料)

 

・振り込み用紙に冊数を明記してください。

・住所、氏名は楷書でお願いします。郵便番号もお忘れなく。

・電話番号もはっきり書いてください。

 

問い合わせ先

メールアドレスinfo@seikyoken.org

         

本文より(抜粋)

 シニア性サークルで論議になったことです。(中略) 参加者のなかでは、肩もみ、腰もみ、手足のマッサージなどが、スキンシップをとる行為であり、互いの親密感をます行為である、との認識を持つ方の方が少数派でした。(中略) 

 最近は「ベビーマッサージ」が広がりつつあり、お母さんと赤ちゃんのコミュニケーションを深める、憩いのひとときであると推奨されています。(中略)

 人間が生きていく、根元的エネルギーとして、スキンシップがあることは、初代の「研究所」所長の、故山本直英先生が、繰り返し言われていたことでもあります。生まれてから死ぬまでの性のなかに、中心的に位置づけられて当然の、重要な要素です。

 その意味で、ベビーマッサージをもじって「シニアマッサージ」をしてみてはいかがでしょう。(後略)