《ホーム》
                  
今月のコラム
“人間と性”教育研究所所長
高柳 美知子

(2007/10/5更新)

 bP6

恋愛学習の時間 (2)

 

アンネ・フランクの思春期      共同通信に連載 

  

 

 思春期とはどんなときでしょうか。

 私は、思春期は「3つの出会いのとき」ととらえています。

 その一は「大人のからだ(二次性徴)」と出会うとき。

 その二は「もう一人の自分(自我)」の誕生のとき。

 そして三つめが「恋」。

 

 この三つの出会の季節を見事にくぐりぬけていった少女がいます。

 その名はアンネ・フランク( 1929 〜 1945 )。

 両親はドイツ国籍をもつユダヤ人。3歳上の姉がいます。暮らしは裕福。両親の愛もいっぱい。しかし、ナチスドイツの人種迫害を受け、アムステルダムの隠れ家生活へー。

 

 では、アンネの「大人のからだ」との出会いはどうだったのか、日記には読み取ってみましょう。

 

   生理があるたびに(といっても、今までに三度あったきりですけど)面倒くさいし、不愉快だし、鬱陶しいのにもかかわらず、甘美な秘密をもっているような気がします。ある意味で厄介なことでしかないのに、そのつどその内なる秘密が再び味わえるのを待ち望むというのも、そのためにほかなりません。(略)ときたま夜なんか、ベッドのなかで自分の乳房をさぐってみたい、そして心臓の静かでリズミカルな鼓動の音に耳をすましてみたい、そんな衝動を強く感じることがあります。  

 

 いかがでしょう。自己肯定感にあふれた、なんとすてきな出会いではありませんか。アンネと同じく、戦争下で少女の日を過ごした私の「大人のからだ」との出会いは、アンネとは全く逆に、ただただ不安と嫌悪がつのるばかり…。

 ちなみに、現代っ子の場合はどうか。『小学五年生』の「なんでも相談」担当の私にとどく女の子のなやみは、「生理って、どのくらい血がでるの。気持ち悪かったり痛かったりしないの。こわいなーっ。いやだなーっ」「胸が小さいので大きくする方法を教えて。胸が小さいと男の人にすかれないって本当?」といった、アンネの受けとめには遠く及ばないの実情です。

 

 では、二つめの「もう一人の自分(自我)」をアンネはどう誕生させたでしょうか。アンネの日記は、まず「キティへ」で始まり、「アンネより」で締めくくられています。キティは、アンネが創った架空の友人(想像上の他者)。架空の友人に

手紙を書く形式をとったことは、自分自身を客観視する力、すなわち「もう一人の自分(自我)」を誕生させるうえで、まさに賢明な策であったといえましょう。